【BMW】おすすめのカーケア用品 輸入車のメンテナンス方法

(ブログの説明)

�J�e�S���[�Fエアコン

BMW.png
 

最近の記事

 

2015年06月09日

【BMW】bmw車のエアコン故障の原因!なぜ効かない?修理費用は?



■こんなことないですか?

セミオートエアコンで、冷風をマックスに設定してはじめて風がやってくるという、くたじれたようなトラブルがおこっています。
sponsored link





このままではまったく風が出なくなる日も近いのではないかとドキドキしています。
修理するとなると高額な出費を強いられるエアコンだけにトラブルの原因を知りたいのですが、、、、

■ステージ4しか回らない

IHKA製のセミオートエアコンでブロアの風がステージ4(MAX)でしかこないという症状が報告させています。
風がまったくこないという症状に似ていますが、原因は同じなのでしょうか?

■ポイント

BMWをいじっている専門店なら問題ないでしょうが、BMWに対するノウハウを持っていない自動車整備工場などに修理に出すと、あれこれとパーツ交換をすすめられたあげくに、べらぼうな料金を請求されることも少なくありません。
なにしろ原因が判明しづらいですから、工賃がかかってしまうんですね。

セミオートタイプのエアコンなら注意が必要

sponsored link





■症状

セミオートエアコンとフルオートエアコンが設定られていますが、セミオートタイプでのみ発生しやすいというのが、「ステージ4しかフロアが回らない」というものです。
ブロアのステージは1から4まで4段階ありますが、1〜3ではブロアが回らず、4にした途端に回り出すというものです。
これはダイヤル操作に応じてモーターの回転力を決める「レジスター」というパーツが壊れているためです。
このレジスターはいわば「可変抵抗器」でダイヤル操作に合わせて電気抵抗値を変えるものです。
つまり、ステージ4だけ回るということは、1〜3では通電していないということなのです。
なお、そのほかセミオートエアコンではスイッチそのものの接触不良がおきたりしますが、フルオートエアコンのように、まったく動かなくなることは少ないそうです。
そういう意味では「ハイテク装備」よりも安心できるかもしれません。

■対策と予防

セミオートエアコンとフルオートエアコンでは、エアコン本体のシステムは基本的に同じですが、お互いの間で流用を試みるのに少々大変です。
ブロアやエバポレーター、ヒーターなどは共通なのですが、センサーの数やハーネスのカプラー形状が違うので、コントロールユニットだけを移植することが出来ないのです。
物理的には流用は可能ですが、かなり大変な作業になります。
だから、トラブルが頻発するのを嫌って、違うタイプのエアコンに変更しようという気持ちは理解できますが、我慢して使い続けるほうがいいでしょう。

概算費用
・エアコンコントロールユニット    ¥50,000〜
・脱着工賃                ¥30,000〜

sponsored link






posted by リトルトゥース at 17:26| Comment(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BMW】車のエアコントラブル!ブロアから異音がしたら修理?交換?費用は?

■こんなことないですか?

sponsored link





私は愛車にこれからも乗り続けて行こうと思います。
しかし、エアコンのブレアがまったく回らないというトラブルがちょくちょくおこることには辟易にていて、これだけはなんとかしたいと思っています。

■ブレアがまったく回らない

頻発するエアコントラブルの1つに、フルオートエアコンでブレアがまったく回らなくなるというトラブルです。
なにしろいずれの風量を設定しても、まったく風がこないのですから、たまらない。
しかも、何度修理しても再発する場合があるとか・・・

■ポインント

ブレアファイナルステージのトランジスターはモーターとフラップの結合部分についています。
こんな部分にトランジスターがついているというは、いかにもハイテクキングをめざいしたBMWらしい。
とくに頻発するのは構造上の問題か??

交換が面倒なパーツの大変なトラブル!
sponsored link





■症状

エアコン関係でいろいろなトラブルがあり、エアコンそのものがこわれているパターンのほか、エアコンそのものが壊れているパターンのほか、
エアコンは動いているのに、ことロールパネルが壊れているとか、ブロアが回らないといったトラブルも起きます。
言ってみれば、「あらゆる場所でトラブルは発生します」ということです。
だから、修理した直後でも安心はできません。
これはもう、宿命と思ってあきらめるしかないのかもしれません。
ブロアが回らないトラブルに関しては、ブロアモーターについているトランジスターの故障が原因になっていることが多いが、このパーツはモーターと吹き出しモード変更用フラップの間に位置するため交換も面倒です。
しかも、同じ個所が何度も壊れることがあるらしいということです。
場所によってはモーターそのものが壊れていますが、この場合もブロアまわりをそっくり外さないと作業はできません。
いずれにしてもやっかいです。

■対策と予防

ブロアがまったく回らないというトラブルは、フルオートタイプのエアコンでおきやすいということですが、マニュアルタイプの場合は、スイッチの接点不良などによって、ブロアが回らなくなることもあります。
ただ、もし故障した時の修理代を考えると、やはりマニュアルタイプのほうが安くすみます。
なぜなら、フルオートタイプでは、本体以外のトラブルの場合にはコントロールパネルをアッセンブリ―で交換しなければならないからです。
じつは、このパネルがかなり高額です。
ブレアユニットも十分高いのですが、、、

sponsored link





posted by リトルトゥース at 14:00| Comment(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

【BMW】車のエアコンが効かない!ブロアファンから風が出ない原因は?修理?交換?費用は高いの?

ブロアファンは回っているのに風がまったく来ない!不安になりますね。

sponsored link





■こんなことないですか?

エアコンの風量設定が最少のステージ1では、まったく風が来ないような状態です。
風量をMAXであるステージ4にしても「チョロッ」という程度しか風が吹き出さず、まったく涼しくありません。
ブロアは回っているようなのですが、風がこないのは、いったいなにが原因なのでしょうか?

■ブロアファンは回っているのに!

エアコンのブロアファンは元気に回っているものの、風がでないという現象が起こります。
これはエアコントラブルの中でも最も軽い症状で、エアコンマイクロフィルターが汚れて風を通風しなくなっていることが原因であることが多いのです。
自分で行うこともできるメンテナンスです!

■ポイント

3つ折りになっていてかなり大きさがあるエアコンマイクロフィルター。
取り付けられている場所が狭く窮屈なので交換はたいへんですが、驚くほど汚れるパーツで、もともとは白いものが真っ黒になっていることが少なくないです。
それだけ集塵力の裏返しなのですが、、、

エアコンマイクロフィルターがトラブルを生んでいます
sponsored link





■症状

エアコンのオンオフに限らず、空調を使っているときには、吹き出し口から風が出てくるのが普通ですが、ファンを全開にしても、か細い感じでしか空気が出てこない時は、やはりトラブルを抱えていると思って間違いありません。ただ、ファンそのもの(ブロア)がちゃんと回っているなら、エアコンのハード関係はまともである可能性が高く、むしろ疑うべきは空気清浄器のフィルター(エアコンマイクロフィルター)です。
空気清浄器、といっても、BMWの場合、すべての室内の空気を、このフィルターを通して循環させる仕組みになっているので、いってみればブロアのフィルターです。
だから、フィルターが詰まるとブロアが回っても弱々しい風しか出てこなくなるというわけです。
基本的には1シリーズに1回は交換すべきパーツですが、理想をいえば夏前に交換したいところです。

■対策と予防

エアコンマイクロフィルターは、いってみれば「ただの濾紙」なのですが、その交換は家庭用のエアコンと同じというわけにはいきません。
場所としては、ダッシュボードの下、センターパネルの奥側にあるのですが、いくつか部品を外さなければならないのと、取り外しの際、無理な姿勢を強いられることから、あまりおススメできません。
もちろん、作業性を考慮してフィルター本体は中折れ式(3つに折れる)になっていますが、外すのはもちろん、ハメ込む時にコツがいります。
慣れればなんともない作業なのですが・・・・

■概要費用

・エアコンマイクロ  
・フィルター      ¥4,000〜
・脱着工賃      ¥6,000〜

sponsored link




posted by リトルトゥース at 19:13| Comment(1) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BMW】カーエアコンの修理や交換には多額のコストがかかる!修理代はいくら?

夏場の困ったトラブルの1つがエアコントラブル。修理は当然高くなりそうなため未然に予防したいとこ。
sponsored link





■こんなことないですか?

フロンガスが原因で有害な紫外線をカットしていたオゾン層が破壊されるという環境問題によって、車のエアコンの冷媒はR12からR134aへと変更されたことはしっています。知ってはいても古い車に乗っている人間には、R12ガスが欠乏してくる今後に不安があります。

■この時代のエアコンは・・・

BMWのエアコンは効きにくい。またフロンガスがオゾン層を破壊するという問題から、輸入車、国産車のべつなく、冷媒がR12ガスからR134と呼ばれるタイプに変更された。

■ポイント

エアコンの修理や交換には多額のコストがかかることが多いです。エアコンの冷媒をR12からR134aへと変更することができる「レトロ交換キット」も約50万円コースで実在しますが、時価でだんだん高くなるR12のフロンガス代を考えれば、交換する価値はあるかもです。

対策がないようにみえて実はしっかりとある!
sponsored link





■症状

車にちょっと詳しい方なら、エアコンに使われているフロンガスが2種類あるのは知っているとおもいます。
R12とR134aです。
R12は地球温暖化を促進するという理由で撤廃が決まった物質ですが、じつはその背景には「フロンガスを垂れ流すのがあたりまえ」という社会の風潮がありました。
車でもそれは同じで「エアコンのガスは漏れてあたりまえ。漏れたら充填すればいい」と軽く考えられていました。という背景があることを前提に考えると、漏れていても不思議ではありません。
しかも、撤廃されて相場の上がったR12を充填しなければならないのです。
もちろん、古い車ではエアコンシステムの劣化によって、さらにガス漏れの可能性は高くなるわけですから、放ってはおけません。
しかし、R12ガスは高いし・・・・。いったいどうすればいいでしょう?

■対策と予防

じつは、R12からR134aへの移行期にエアコンシステムをR134aタイプにそっくり変更するための「レトロフィットキット」というのが設定され、既存の車にそれを付けるよう、どのメーカーも指導を行っていました。
しかし、値段がかなり高かったため、変更する人は少なかったのです。
とくに高年式の車ではガス漏れもおきにくくなっていたからなおさらです。
いくらR12ガスの値段が上がったとしても、1台分で1万円ぐらいなら、そちらを選ぶのが当然でしょう。

■概要費用
・レトロ交換キット   ¥50,000〜

sponsored link




posted by リトルトゥース at 16:35| Comment(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

【BMW】エアコンから氷!リコール対応です。

■こんなことないですか?
夏場にトラブルが発生しました。
エアコンを入れてしばらく走行すると猛烈に冷えて、水蒸気が凍ったと思われる氷が噴出してくるのです。
もちろんエンジンを切ってしまばらくすると、この氷が溶けて水がジャーっと流れます。
これはリコールになったようですが、、、

■エアコンから氷!
驚くべきエアコントラブルが発生していました。
現在では修理されていない車の流通は少ないと思われるものの、原因のパーツはほとんどBMWについているようです。

■ポイント
BMWのエアコンは熱気を冷気に変換するための装置であるエボパレーターの先に温度センサーがついていて、ここで温度制御を行っています。
初期ロッドでは、このセンサーに不良があったようでエアコンのブロアから氷が出てくるトラブルが発生しました。

特別なモデルにだけあるさらに特別はトラブル

■症状
車というのは進化するのがあたり前だから、新しいモデルのほうがトラブルは少ないはずです。
しかし、なににでも言えることですが、開発初期のものには初期不良というのがつきまといます。
つまり、新しいもののほうが壊れやすいということもあるようです。
BMWでいうと、E46の初期モデルでそれがおきました。
場所はエアコン。
エアコンの冷媒と呼ばれるガスを使って室内の空気を冷やす機構を持ちますが、エンジンが回っている間はずっと冷却作業用が働くので、放っておくと寒くなりすぎてしまいます。
それを防ぐために、エアコンそのものの作業を制御したり、ブロアの回転数を上下させたりするわけですが、E46ではその際の切り替えを行うためのスイッチが故障したために、コントロールがきかなくなったのです。
おそらくリコールがでているので対策は施されているはずですが、ディーラーで確認しておきたいです。

■対策と予防
温度センサーは室内側にあって、設定としては7℃になるとスイッチが切れる仕組みになっています。
ところが、このスイッチが故障していると、いつまでもエアコンが作動しっぱなしになります。
そして、その結果、エバポレーター内に水滴が溜まり、あげくのはてに凍ってしまいます。
エンジンを止めると徐々に氷が溶けてドレンホールから出てきますが、その量がハンパではないので、普通の人ならば別のトラブルがおきているといると思うでしょう。
夏場で駐車している路面が異常に濡れている場合には疑ってみたほうがいいでしょう。

■概要費用
・リコール設定   ¥0〜







参考になりましたらクリックして頂けると幸いです
posted by リトルトゥース at 16:57| Comment(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BMW】車のエアコンが冷えない!効かない原因はエアコンラインが詰まるから

BMWのエアコンの脆弱製は昔から言われるところ。ドイツと日本の気候の違いからと良く言われます。
sponsored link






■こんなことないですか?

BMWはエアコンが冷えないと聞いているので、買うのをためらって今日まできました。
でも、国産に直列6気筒のモデルが少なくなった今では、BMWがますます、魅力を増していて欲しくてたまりません。
とにかくエアコンのメンテのポイントを知ることができれば、ためらう理由がなくなるのですが、、、

■エアコンラインが詰まる

エアコンが冷えないトラブルの原因はさまざまあるようですが、しっかりとメンテナンスを行っていれば、きちんと冷えるはずです。
そのメンテナンスのポイントはいったいどこにあるのでしょうか?

■ポイント

BMWの急所のひとつがエアコンであることは間違いありません。
とくに年式が古いほどにそのトラブル発生率は高い傾向があるようです。
しっかりとメンテナンスして好調を持続させるツボはいくつもあるようで、冷えてないなぁ・・・・と感じた時に疑うポイントとなります。

エアコンに関してだけは日本にマッチしていない!
sponsored link






■症状

ほかのドイツ車と同様、どうやらエアコンに関しては日本での使用にベストマッチしているようではないらしい。
とはいえ、ライン装着(メーカーの工場で装着されているという意味)のエアコンであれば、それなりの性能は見せてくれるので、年式が新しいものならば、それほど大きな問題はおきないはずです。
ただ、E36の途中からフロントガラスの仕様が変更になっているため、その前後のモデルと比較すると、それなりに性能の違いはあるかもしれません。
さて、とはいってもまったく不具合が出ないということではなく、いくつかトラブルの例も報告されています。
例えば、エアコンのガスが循環しなくなってしまうということがおこるらしいのです。
これは、レシーバータンクというパーツのなかにあるバルブがつまってしまい、ガスを送れなくなるために起きる現象です。

■対策と予防

エアコンのガスが循環しないということは、当然ながらエアコンの効きもダウンするわけですが、それだけではトラブルは収まらず、最悪の場合はコンプレッサーまでこわしてしまうといいます。
これは、ガスといっしょに循環しているコンプレッサーオイルが切れてしまうため、コンプレッサーが焼き付いてしまうのです。
とくに最近のモデルではレシーバータンクにのぞき窓がないため、ガスが循環していなくても外部から判断できません。
のぞき窓があれば、泡がポコポコと出ている様子が見られます。

■概要費用

・レシーバータンク   ¥30,000〜
・R12ガス        ¥10,000〜
・工賃           ¥10,000〜

sponsored link






posted by リトルトゥース at 14:43| Comment(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

【BMW】bmw車のエアコンが効かない、冷えないなどの故障の原因!修理は必要?

エアコンが効かないトラブルは困りますよね。
 

sponsored link






■こんなことないですか?


エアコンが効かなくなることはBMWではよくあることです。

その原因にエアコンユニットではなく、エンジンを冷やしているクーラントやラジエーターが関連しているものもあると聞きます。
最近確かに、ユニットを交換したばかりなのに、クーラーの効きが悪いのですが、、、、??



■ヒーターバルブがイカれる!


ドイツの気候は日本よりも寒いです。

オートマチックトランスミッションにスノーモードがついていることなどからも、その寒さは察することが出来ます。
したがって、ヒーターも強力です。
エンジンを冷却するために温度が上がる冷却水がその熱源ですが、これを流動させるための電磁弁であるヒーターバルブが壊れるとエアコンが効かなくなり、故障の原因となります。



■ポイント


なにかのスピーカーのような形をしているのが室内の空気を吸い込むところです。
ここから吸われた空気の温度がオートエアコンの制御に重要な役割を果たします。
タバコの煙も吸い込むので注意したいところです。

エンジンルームの中にはエアコンパーツもあります!

sponsored link






■症状のあれこれ


エアコン関係はドイツ車の多くでトラブルが出やすい部分です。
日本より寒い国で作られた車だから、ある程度は仕方ないところでしょう。
ただ、そうはいっても冷却系も含め、日本向けの対策については年々進化しており、以前に比べると大幅に減っています。
だから、最近では国産車と同じレベルでの故障率ということになります。
ただ年式によっては気をつける必要があります。(とはいってもE36より前なので、ほぼないに等しい)
とくに経年変化が発生しやすいのは「バイメタル」という部品を使ったヒーターバルブがあやしいです。
ヒーターバルブとは、冷却水の配管と室内の空調パーツを結ぶ部品で冷却水の温度を室内に伝えるためにあります。
つまり、「暖房を働かせるための装置」です。
そして、その作動をになっているのが温度変化によって動くバイメタル。
しかし、バイメタルが故障すると、ヒーターバルブは動かなくなります。



■対策と予防


ヒーターバルブは室内ではなくエンジンルーム側にあるせいか、エアコン関係を点検するときでも見落としがちです。
また、冷却経路の近くになるので、交換作業もけっこう面倒です。
とはいえ、壊れてしまえば交換するしかありません。
車種によっては運転席用と助手席用にそれぞれヒーターバルブを配置しているものもありますので、注意が必要ですが、交換すればヒーターは直るはずです。
なお、最新のモデルではヒーターバルブが日本製になって、信頼性が上がっているとも言われています。



■概算費用


・ヒーターバルブ  ¥20,000〜
・エンジン脱着   ¥30,000〜



sponsored link



posted by リトルトゥース at 23:37| Comment(0) | エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
 
ショップリスト
 
 
 
 
 
 
 
タグクラウド
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。