【BMW】おすすめのカーケア用品 輸入車のメンテナンス方法

(ブログの説明)

�J�e�S���[�Fミッション

BMW.png
 

最近の記事

 

2015年06月07日

【BMW】車のクラッチのあそびが大きくなってきたら?交換の費用は?

■こんなことないですか?

sponsored link





BMWのクラッチは、世界中の自動車メーカーが構造のお手本としているくらい作りがしっかりしているものだ、と聞きました。
それでもメンテナンスが不要ということではないはずでしょう。
私の場合は、そろそろクラッチのあそびが大きくなってきたようなのでオーバーホールをしたいと思いますが、、、

■クラッチのあそびが大きい?

BMWのクラッチはなかなか評判がよいです。
油圧のユニットで衝撃を吸収するタイプのダブルマス(デュアルマスともいう)フライホイールも、安易にゴムパーツなどを緩衝材としているポルシェの一部などとは違い、じつに優秀なようです。
それでも走行距離がすすめば手入れが必要になります。

■ポイント

いかにも力強そうなエンジンにつくのは、これまた頑丈そうなフライホイール。
ここからクラッチへそのパワーが伝達されます。
クラッチの動作は油圧式となっていて、操作に必要な踏力もごくごく軽いのです。
このシス、テムにも弱点は存在するのでしょうか?

クラッチはシングルでプッシュ式の構造!
sponsored link






■症状

マニュアルミッション車に乗っている人は少ないですが、マニュアルミッションにつきものなのがクラッチです。
クラッチはシングルプレートのプッシュ式で、ノンアスベストの材料を使ったオーソドックスなタイプですが、特徴的なのがフライホイールです。
「ダブルマス」と呼ばれるフライホイールは、簡単にいうと二重構造になっていて、中心のハブと外周のディスクの間にオイルを封入しています。
これにより、急にクラッチをつないだときにもギクシャクしないですむというわけです。
BMWは駆動系のあそびを嫌うメーカーですが、高級感を出すためにフライホイールにダンパー機能を持たせたのです。
なお、クラッチのメンテは特別なことはありません。
定期的に交換するのみです。

■対策と予防

クラッチ関係のトラブルといえば、代表的なのが「切れない」もしくは「つながらない」というものです。
切れない場合は調整によって直りますが、ディスクが摩耗してつながらなくなっている場合には、やはり調整しきれないことが多いです。
どちらの場合も、最終的にはクラッチペダルの位置を調整するこになりますが、その時は変わってくるので、クラッチまわりをイジったときには必ず調整をし直すようにしたいところです。
また、フルードを交換するとフィーリングをよくなることもあります。

■概要費用

・シンクロ    ¥150,000〜
・エンジン脱着 ¥100,000〜

sponsored link








posted by リトルトゥース at 09:49| Comment(0) | ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

【BMW】ATF(オートマチックフルード)の交換方法

■こんなことないですか?


sponsored link




オートマチックフルードを交換してはならないといわれても、セルフ交換でオウンリスクでなら交換する権利くらいはあると考えています。
しかし、方法は難しいと聞きます。
かかる時間はどのくらいですか?
道具などは何が必要でしょうか?
またプロならではのコツのようなものがありますか?

■ATF交換を知ろう!


換えてはいけないことになっているオートマチックフルードですが、実際に開けてみるとどういうことになっているかが気になります。
また交換する派は4万キロ程度で交換しなければリスクがあるようですが、10万キロを超えた状態なら、余計に交換したくなるのは当然です。

■ポイント


抜くことにも、注入することにもコツがいるオートマチックフルードの交換。
やってくれるショップが近くにない場合には自分でやる決意をする人もいるかも。
しかし新たな詰まりを誘発するリスクもあります。

新車時との比較で変化あり。交換しないのは。。。?

sponsored link




■症状


無交換・ノーメンテが原則となっているAFフルードですが、その理由は「密閉された空間の中で、ある程度以上の温度が上がらず、フルードが減少することがない」からです。
ブレーキフルードと役目は同じですが、ブレーキほど高温にならないので、交換する必要がないという考え方のうえに、BMWのオートマチックトランスミッションは成り立っています。
しかし、本当にそうでしょうか?
実際に乗っている人に言わせると「新車時よりも滑りが大きくなった」とか「ショックが増えた」という症状も発生しているようで、そうなるとやはり「フルード交換」による効果に期待してしまうのは無理のないところでしょう。
とはいえ、実際に交換するとなると、その作業はかなり大変です。
なんと、フルードを抜き取るだけで5時間もかけるというから、よほど気合いが入っていないと自分ではできないだろう。

■ATF交換方法


・ドレンからフルードをあらかた抜いたあとは、オイルパンを外す行程に入ります。
 気をつけたいのはその後の時間。
 5時間程度をかけてすべて抜き取る必要があります。

・5時間も待つのですから、その間にはオイルパンを洗浄しておきましょう。
 オイルパンにはマグネットがついていて、鉄粉をすべて吸いつける仕組みになっています。

・ストレーナーも忘れず交換しておくこと。
 これは先にやっておけば、よりキレイにフルードを抜き取ることが出来るはずです。

・すべてのフルードが抜けたら、ストレーナーを取り付けて、オイルパンを元に戻します。
 新しいフルードはポンプで圧入する方式です。

■対策と予防


実際の作業としては、特殊な工具が必要ということではないので(といっても、ミッションオイルなどを注入するガンは必要)、自分でもできそうです。
しかし、5時間待つのに加え、廃油をどう処理するかとか、オイルパンは外すことになるので、それをどこで掃除する(鉄粉が大量に付着している)という問題が出てくるので、できればプロにまかせましょう。
フルードを入れたあと、実際の運転状況を再現する必要もあるので、やはり自分でやるのは難しいかもしれません。

■概要費用


・ATフルード  ¥10,000〜
・ストレーナー  ¥4,000〜
・工賃      ¥20,000〜

sponsored link



posted by リトルトゥース at 22:08| Comment(0) | ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BMW】なかなかATが変速しない!原因はオートマチックフルードの減量!?

■こんなことないですか?


sponsored link




BMWのオートマチック。
シフトショックが大きいのはまぁいいとしても、なかなか変速しないことがあります。
もちろん踏み込んで引っぱっているわけではなく、自然な走行でもこの現象が起こるのです。
冬場の朝などにこの症状が頻発し、しばらくすると、普段通り変速するのですが、、、、

■冷間時にATが変速しない!


オートマチックフルードはエンジンオイルなどと違って基本的に普通に使用している分には量が減ることはありません。
しかし、シール関係の劣化などが原因で少量の減りが起こる可能性もあります。
こうなると冷えている間には、変速しないという症状が発生するようです。

■ポイント


基本的にはメンテナンスフリーなJACTOのミッションは、フルードが減ったからといって簡単に追加するというこはできません。
だからといってガスケットやシール類などの劣化でフルートが漏れてくることはあります。
そんな時はどうしたらいいでしょう?

ATFは液圧用媒体なので油量不足で変速不能に!

sponsored link




■症状


フルードを交換することができない構造になっていることで困るのが、「フルード漏れ」が起きた時の対処方法です。
無交換が原則なのですから、漏れない構造に作ってあっても少しも不思議ではないのですが、現実はどうかというと、いろいろな部分が組み合わさっていて、「漏れることも起こりうる」構造になっているのです。
つまり、合わせ目がたくさんあるため、どうしても漏れ出してくることもあるため、どうしても漏れだしてくることもあるというわけです。
しかし、ATフルードは液圧用媒体なので、漏れによって量が不足すると、その機能を発揮しないのです。
そのため、冷間時に圧力が伝わらなくなって、変速しないという症状が現れるのです。
温間になるとフルードが膨張するため、普通の状態に戻ると考えられるが、もしそのように「わかりやすい」トラブルであるなら、フルード漏れがどこかでおきている可能性が高いので、リフトアップして点検してみましょう。

■対策と予防


もし、フルード漏れが発生していたらそうするべきか?
心情的には「継ぎ足せばいいんじゃないか」と思いがちですが、これは基本的にはダメです。
それに、ディップスティックのないミッションでは、継ぎ足すための穴が存在しないからそもそも無理です。
さらにいうなら、漏れていることが明白なのに、さらに継ぎ足してもまた漏れるだけです。
というわけで、根本的な対策としてはフルード交換するしかないのです。
そのためには知識を持ったショップに持ち込むしかない。
それでもリビルトに交換するより安くすむ可能性が高いのです。

■概要費用


・ATフルード   ¥10,000〜
・エンジン脱着  ¥10,000〜

sponsored link





posted by リトルトゥース at 14:14| Comment(0) | ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BMW】バックに入らないトラブル!4速仕様におきがちなトラブル

■こんなことないですか?


sponsored link





JACTOで作られているオートマチックのミッションはフルード交換はしないことになっていることになっているようですが、バックに入らないトラブルに見舞われました。その原因は鉄粉やフルードのカスが詰まったことらしいだとか。
交換せずにいて、壊れてしまったらまるごとに交換になるのでしょうか。。。。

■バックに入らない!


オートマチックトランスミッションがほとんどというBMW。
そのトランスミッションであるJACTOの4速ミッションは基本的にメンテナンスは不要です。
オートマチックフルードなどの交換もしなくていいことになっています。
しかし、運次第のようですが、バックに入らなくなるようなトラブルも発生するため、その場合は交換が必要になります。

■ポイント


変速ショックがもともと大きいオートマチックトランスミッションだけに、そのフルード交換をしたいという人は多いでしょう。
ディーラーでは、メンテナンスだけに交換はしてくれませんが、BMWをよく知る整備工場では交換してくれるところもあるようです。

あくまで運次第、、、?フルード交換はギャンブル

sponsored link





■症状


JACTO製のミッションでとくに4気筒モデルに組み合わされる4速仕様におきがちというトラブルが、「バックギヤにシフトできない」というものです。
同時に、1速から2速にシフトアップする際につんのめるような動きも併発するらしいです。
おそらく原因は、内部でゴミが詰まったりすることらしいが、根本的な対策もなく、また分解して原因を突きとめた人がいないのか、はっきりした理由がわからないとうのが現状です。
つまり、あくまでも「運次第」ということになるのですが、いつか突然壊れることもあれば、まったく壊れないということもあります。
もし新車から乗っているのであれば、最初、5万キロ以内にミッションを載せ換えればトラブルが起きるリスクを回避できるとはいうものの、新しく組んだミッションにその症状が出ないとは言いきれません。

■対策と予防


というわけで、乱暴な言い方になりますが、予防という観点に立てば方法がないのが現状ですが、そうなると対策方法はリビルトミッションに載せ換えるしかないのです。
しかし、その値段もバカにならないから、それ以外の方法としてはJACTO以外のものを使用するという方法もあります。
ただし、コンピューターも含めて交換部品が多くなるのと、メーカーの保証がなくなるので別のリスクを背負うことになるので、おススメはしません。

■概要費用


・ミッション新品  ¥320,000〜
・脱着費用     ¥80,000〜


sponsored link




続きを読む
posted by リトルトゥース at 11:54| Comment(0) | ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

【BMWトランスミッションメーカー】オートマチックはJATCO、マニュアルはドイツのゲトラグ!故障した場合は?

オートマとミッションで製造メーカーが違うのですが、みなさんご存知でしょうか?

sponsored link







■こんなことないですか?


最近購入したBMW車は、ドイツからの並行輸入ものです。
気になっているのはよく「日本の高温多湿の気候にはドイツ車は不利」という話です。
このため、ラジエターなどの主要冷却系はきちんとメンテしていますが、ミッションにも本国用と日本用のセッティングがあるらしいということです。本当のところは??



■ミッションの種類


オートマチックなら日本のJATCO、ドイツのZF、アメリカのGMの3社が、マニュアルはドイツのゲトラグが作っています。
その国に合わせたセッティングをしているためと、主要な販売相手先に作らせるというのが、狙いのようです。



■ポイント


BMWのミッションは、一言で言って「シンプルで強固」
じつは頑丈な作りでトラブルは非常に少ないのです。
しかし、気をつけたいのはその販売国に合わせたセッティングがされているということです。
そのため、並行輸入車はドイツやアメリカ向けのセッティングになっています。

各社が作るミッション。その理由は、、、、?

sponsored link






■症状


BMWはトランスミッションを仕向け地別に設定するようになっています。
そのため、輸入ルートによって、搭載されるミッションが異なるという状況になっています。日本向けの車種のトランスミッションは、マニュアルがゲトラグ製ですが、オートマッチは日本仕様がJATCO(日本オートマチックトランスミッション社)製、アメリカ仕様がGM製、ドイツ仕様がZF製となっています。
では、なぜそんなに面倒なことをしているのかというと、輸出先各国の道路事情に合わせるためです。
ギヤ比や変速タイミングをそれぞれの国ごとに細かく変えることで、燃費やドライバビリティを向上させることができると考えたのです。
そしてもちろん、トラブルの際の部品の調達が容易になるというのも狙いのひとつです。
そのため、日本の正規輸入モデルでは、オートマチックはJATCOになっているというわけです。



■予防


最近は日本でもあたりまえになりましたが、オートマチックトランスミッションが壊れた場合、アッセンブリ―では交換するという修理方法をとることが多いです。
これは、構造が複雑なため、分解整備に時間がかかるということで、コストが上がるからです。
なお、アッセンブリ―として用意されているのは新品とリビルトの2種類です。
JATCO製は国産なのでリビルトでも他の製品に比べて安いのが魅力です。
もし違うミッションに乗せ換える場合にはプロペラシャフトが同時交換になる場合が多いので注意しましょう。



■概要費用


・リビルトミッション   ¥150,000〜
・脱着工賃       ¥100,000〜







posted by リトルトゥース at 12:07| Comment(0) | ミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
 
ショップリスト
 
 
 
 
 
 
 
タグクラウド
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。